不惑といわれた40歳

「吾十有五にして学に志し(志学)、三十にして立ち(而立)、四十にして惑わず(不惑)、五十にして天命を知る(知命)。六十にして耳順(したが)い(耳順)、七十にして心の欲する所に従いて矩(のり)を踰(こ)えず(従心)」

 

孔子パイセンが言うにはざっとこんな感じ。

15歳で学問を志す

30歳で独立した自説を持つ

40歳であれこれ迷わなくなる

50歳で天命を知る

60歳で素直に聞き入れる

70歳で心が安定する

 

40歳になった自分はというと人生迷いっぱなし。

これいとおかしと思って調べてみると、教えの本質は

“自分の道に疑いなく進む覚悟ができた”という意味ではなく、“何が起きても動じる事なく、それを受け入れる自由さを持ちなさい”という意味らしい。

これはなかなかイケてる。

何だか肩の力が抜けるいい教えだ。

23歳の時シドビシャスを憶い、27歳でカートコバーンを憶った。

36歳でボブマーリー。

40は...ジョンレノンだ!

不惑の精神で40代を乗り切ろう、拝啓、ジョンレノン。

 

f:id:hynm_fukuda_kentaro:20150717194418j:plain